2013年5月28日火曜日

ミルクの真理−4

ミルクの真理の4つめを通して霊魂体についてお分ちします。
4:清めの洗い Baptizms 3つあるのです。

1:キリストの体への(キリストの体に属する)バプテスマ ローマ6:3
 霊において受けるバプテスマです。
 イエス・キリスト様を信じた時に受けるものです。
 霊は神様しか入る事ができない領域です。
 霊には悪魔も悪霊も入る事ができません。
 その霊の中にイエス・キリスト様にあって永遠の命、永遠の救い、永遠の贖いを持って  いて下さるのです。イエス・キリスト様を信じる前はその人物の霊は神にあっては死んで いたのです。霊にイエス・キリスト様を受け入れた時人は初めて神にあって生きる存在と なるのです。生涯に一度受ければそれで完成するものです。
2:聖霊のバプテスマ 使徒業伝2
 モーセの幕屋の聖所を思い出してください。聖所の燭台は毎夜灯火され翌朝迄点し続  けられます。香は毎朝毎夕焚かれます。供えのパンの台には毎週新鮮なパンが整えら れ、祭司達はそのパンを食するのです。魂は感情・知性・判断を司っています。その中  で感情は浮き沈みが激しいものです。朝は気持ちよく晴れていれば救われていると思っ ても曇って雨になったりして、罪を犯したり、人からお前はそれでもクリスチャンかなどと 言われ、自分はダメだ天国には行けない等と思ってしまうものです。そのために毎日朝 に夕に祈り神の言葉を読み食しそれを信じその土台の上に人生を据え信仰の錨を置  き、立ち続けなければならないのです。聖霊のバプテスマは一度受ければ良いものでは 
なく絶え間なく聖霊の油注ぎを受け、神の導きの光の中を生き続け、神を見続けて進ん で行かなければ勝利ある信仰生活はあり得ないのです。
 
3:水のバプテスマ 使徒業伝8:36~37
  イエス・キリストを信じ信仰告白をしそれを公にするためにするバプテスマです。
 イエス・キリストと共に十字架に付けられて古い自分に死に、キリストにあって生きるもの となる事を表すものです。生涯に一度だけ受けるものです。一部の教会では滴礼で水が
 足りなかったと全身礼を受けるように薦められる教会もあります。


Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω 

ミッション・あどない・いるえ 代表伝道者 ピーター藤 正信
栃木県栃木市倭町11-16 〒328-0037 TEL:0282-25-1427  携帯:080-6562-1427
Email: MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
ツイッター https://twitter.com/MJJ_PeterFuji